布団に入ると足がむずむずしてなかなか寝付けない…

電車や飛行機などで長距離移動するときに、足がむずむずしてじっとしていられない…

このように足を動かさずにいられない衝動にかられてしうまう…といった悩みを抱える方は少なくありません。

実際に私も布団に入ると足がむずむずしてじっとしていることができず、布団から出て歩き回ったり、ストレッチをしないとおさまらないという経験をしました。

また私の場合は連続で起こるわけではなかったのですが、足以外にも背中などにもゾワゾワが広がっていました。

この症状が出るとしっかりと睡眠をとることができないため、翌日は寝不足になってしまい、日中に眠気に襲われるため仕事にも影響がでていました。

さすがにこういった状況が続くようでは困るため、「足がむずむず」することについていろいろと調査してみました。

むずむずの原因は栄養不足?

ムズムズが起きる原因のひとつに、栄養不足が関係していることが考えられます。

具体的には、鉄分、葉酸、チロシンといった栄養素の不足です。

これらの栄養素が不足することで、あの忌まわしい「むずむず」が発生しているようです。

ここでふと思ったのが、「これらの栄養素の不足を補うことができれば、つまり栄養が十分に行き渡っている状態になれば、足のむずむずを抑制することできるでは?」と…。

そして、「毎日栄養を考慮した食事を作ろう!食べよう!」と意気込みました。

しかし、仕事や家事をこなしながら食に注力するには時間・経済的な制約もあることから、実際は私には不可能でした。

となると、食事で摂取できない分を補うサプリメントが思い浮かびました。

しかし、鉄分、葉酸、チロシンなど……

一個ずつサプリメントで補うとなると数も増えてしまうし、金銭的も負担となり、けっこう大変な「作業」となってしまいました。

オールインワン的なサプリはないの?

理想としては、足のむずむずの解消に必要な栄養を一度に効率よく摂取できるサプリメント…となりますね。

さらに品質面でも安心して使用できるサプリであれば言うことなしです。

そこで私が試したのが、「ムズムズシラズ」です。

この「ムズムズシラズ」ですが、ムズムズの原因となる栄養不足、「チロシン」「鉄分」「葉酸」を一度に摂取できます。

ちなみに、この3つの栄養素が一度に摂取できるサプリは「ムズムズシラズ」だけとのことです。

薬やサプリなどのタブレットを飲み込むのが苦手な方って結構いると思います。

例えば、サプリを一種類ずつ複数個摂取するとなると、一回で摂取する数は結構な負担になりかねません。

そうなればサプリに対して嫌悪感を頂いてしまい、続けることができない…なんてことにもなりかねませんね。

その点、「ムズムズシラズ」であれば、「ムズムズシラズ」だけOKですので、無理なく続けることができると思います。

「ムズムズシラズ」のこだわり「葉酸」

また重要なのは、摂取した栄養をしっかりと体内に吸収することです。

しかし栄養素は必ずしも100%吸収されるわけでなく、栄養素によって吸収率は大きく異なります。

例えば、「ムズムズシラズ」に含まれる「葉酸」ですが、「ムズムズシラズ」では厚生労働省推奨の「モノグルタミン酸型葉酸」が使用されています。

モノグルタミン酸型葉酸ってなに?葉酸には種類があるの?と疑問も思うかもしれませんが、葉酸には「モノグルタミン酸型葉酸」以外に「ポリグルタミン酸型葉酸」があり、ふたつに分類されています。

まず「ポリグルタミン酸型葉酸」ですが、植物性食品であれば枝豆、あさつく、アスパラガス、動物性食品であれば鶏・牛・豚のレバー、うなぎ、生うにといった食材に含まれています。

一方「ポリグルタミン酸型葉酸」は人工的に作られたものになります。

そして両者の違いは「吸収率」で、「ポリグルタミン酸型葉酸」は50%、「モノグルタミン酸型葉酸」は85%となります。

つまり葉酸を効率よく摂取するために、「ムズムズシラズ」には「モノグルタミン酸型葉酸」が使用されているのです。

「ムズムズシラズ」のこだわり「鉄分」

「ムズムズシラズ」のもう一つのこだわりが「鉄分」です。

葉酸同様に、「鉄分」も「ヘム鉄」と「非ヘム鉄」の2種類に分類されます。

「ヘム鉄」は魚や肉といった動物性食品由来で、「非ヘム鉄」はひじきや小松菜といった植物性食品由来となります。

両者の違いは葉酸同様に吸収率となります。

食材により吸収率は異なりますが、「ヘム鉄」の吸収率は「非ヘム鉄」よりも5~6倍高いと言われています。

そして「ムズムズシラズ」では吸収率の高い「ヘム鉄」を使用しています。

このように「ムズムズシラズ」は吸収率にもこだわったサプリメントなのです。

言い忘れましたが、「ムズムズシラズ」はGMP取得の国内工場で生産されていて、残留農薬検査と放射能検査済です。

徹底したトレーザビリティの下で管理されたサプリメントです。

「ムズムズシラズ」の成果

実際に「ムズムズシラズ」を試された方の95%以上がむずむずの頻度が減ったという調査結果も出ています。

私のそのうちのひとりになります。

もちろん個人差はありますので、全員がこう感じるわけでありませんが、95%という数字はかなり高いのでないでしょうか?

口コミをみても、

「むずむずが原因でなかなか寝付けずスッキリしない朝を迎えていたが、徐々に改善されて朝への不安が軽減された。(使用期間:4ヶ月の方)」

「10年以上足のむずむずに悩まれされいろいろと試したが、ムズムズシラズが自分には一番マッチしていると感じる。(使用期間:3ヶ月)」

「ムズムズのせいで夜眠れず、仕事中にウトウトして仕事にも支障が…。ムズムズシラズを試すと睡眠も改善され仕事にも集中できるようになった。(使用期間:5ヶ月)」

とポジティブなものが紹介されています。

むずむずのせいで、人生いろいろと損している…

足のむずむずでお悩みの方は「ムズムズシラズ」公式サイトをチェックしてみてはいかがでしょうか?

気になる「むずむず・ジンジン・モゾモゾ」を徹底ケア!【ムズムズシラズ】



ムズムズシラズ

足むずむず症候群について。

足のむずむずがひどくて、日常生活にも支障がでてしまっている方。もしかしたら「足むずむず症候群」かもしれません。

「足むずむず症候群」と聞いても、あまりピンとこない方も多いと思いますので、「足むずむず症候群」について簡潔に説明していきたいと思います。

足むずむず症候群って何?

そもそもむずむず脚症候群は「Restless legs症候群(RLS)」が意訳されたもので、近年になってむずむず脚症候群やRLSと呼ばれるようになりました。

日本だけではなく世界中で確認されている症状となります。

足むずむず症候群の原因は?

足むずむず症候群の原因はふたつ。

原因が特定できない一次性のものと、他の病気や薬が原因となる二次性です。

なお足むずむず症候群にかかる方は、一次性のものが多いようです。

また一次性の主な原因として、遺伝、鉄分の不足そしてドーパミンの天達機能の低下といったことがあげられています。

足むずむず症候群かも?症状は?

RLSの診断基準

1.脚を動かしたいという強い欲求が存在し,また通常その欲求が,不快な下肢の異常感覚に伴って生じる

2.静かに横になったり座ったりしている状態で出現,増悪する

3.歩いたり下肢を伸ばすなどの運動によって改善する

4.日中より夕方・夜間に増強する

引用:日本神経治療学会「標準的神経治療:Restless legs症候群

つまり、「足の奥に違和感を感じて寝付けない、何度も起きてしまった経験があり、日中ウトウトしたり疲労感を感じことがある。」

「夕刻以降のリラックスタイムに足に違和感を感じるが、歩き回るとおさまる。」

このように足に違和感があることで、十分な睡眠が取れずに日常生活に支障がでることが足むずむず症候群の診断基準となります。

具体的には……

「飛行機や電車などの乗り物、映画館といった長時間滞在する状況になると足にむずむずと違和感をおぼえる。」などが該当します。

こういった症状を経験をされている方は、「足むずむず症候群」の可能性がありますので、医師に相談することをおすすめします。

参考サイト:むずむず脚解消ナビ